幹細胞の効果

化粧品に幹細胞が含まれるメリットやデメリットとは?

投稿日:

 

「美容液に入っている幹細胞って何なの?」

「幹細胞が含まれているとどういうメリットがあるの?」

なんてあなたは思っていませんか?

幹細胞は私たちの様々な細胞の根幹にあたる細胞であり、様々な細胞に変化して非常に多くの役割をもたらしてくれるものです。

そんな幹細胞を自在に外部から取り込めるように出来れば、凄まじい効果が得られることが予想出来ます。

ただし、誰もが自在に幹細胞を取り込める方法は限られており、誰でも活用出来るものといえば幹細胞が含まれている化粧品が挙げられるでしょう。

わざわざ幹細胞コスメといった化粧品に幹細胞を配合するのには、様々なメリットやデメリットがあるからなんです。

そこで、化粧品に幹細胞を配合するメリットやデメリットをご説明します。

化粧品に幹細胞を含ませる意味とは?

幹細胞は様々な細胞に変化して様々な役割をもたらしてくれるものですが、なぜ化粧品に含まれているのか疑問に思う人もいるでしょう。

その答えは、幹細胞の性質にあります。

幹細胞は全身の細胞に変化する前は何の役割も持っていませんが、それが個々の細胞に分化することによって細胞の働きを補ってくれます。

幹細胞の最大の特徴は全ての細胞に分化出来るという特性によって、自然に再生することが出来ない身体の組織までも幹細胞が分化することで再生出来ることです。

このことから、幹細胞は再生医療に使われる成分として大きな注目を浴びているのです。

しかし、化粧品には幹細胞そのものは含まれていません。

何故なら、幹細胞を直接配合して使用すると拒絶反応などの様々な問題が発生することがあるので、その問題を無くす為に幹細胞を培養したエキスを配合しています。

このエキスは化粧品に配合することで初めて効果を発揮するものであり、複数の種類と共に美白や保湿など肌に良い影響を与えるメリットやデメリットが存在します。

では、どのようなメリットやデメリットがあるのかをご説明しましょう。

○化粧品に幹細胞が含まれているメリット

もしも自分で肌のケアを行うとしたら、貴方はどうしますか?

化粧水や美容液など様々な化粧品を活用し、肌の保湿を行って乾燥させないようにしたり、潤いを逃がさないようにしながら肌のハリを保つようにするのが基本ですよね。

しかし、この方法の欠点は時間が経つと潤いが逃げてしまうことです。

したがって、時間が経った後に再び化粧直しをして、また保湿を行わなければならなくなります。

それでも時間が経てば再び潤いが逃げてしまうなど、根本的な肌のケアが出来ていないのが問題になるでしょう。

肌ケアのたびに時間を取られてしまうことになりますし、これでは化粧品にお金をかけてばかりになるのでとても大変ですし面倒ですよね。

また、年齢を重ねて老化が気になり始めるとコスメを使用することが多くなるかと思われます。

コスメにも年齢肌用など様々な種類がありますが、コスメを使い続けてもなかなか老化が改善されないと感じたことはありませんか?

そもそも年齢肌用のコスメであっても徐々に失われつつあるコラーゲンなどを補うことは難しく、肌の細胞を効率良く活性化させるほどの効果もさほど持っていません。

これでは対症療法のようなケアしか出来ないので、どうしようもなくなって諦めてしまう可能性があるでしょう。

しかし、幹細胞エキスが配合されている化粧品は他の化粧品とは違います。

幹細胞エキスが化粧品に配合されることによって、今まで出来なかった細胞そのものに働きかけることが出来るのが最大のメリットなのです。

根本的なケアが出来るのは幹細胞エキスによるパワーがあるから!?

今まで対症療法しか行ってこなかった人に対して根本的なケアが出来る幹細胞の化粧品は朗報としか言えません。

幹細胞エキスが配合されている化粧品の効果は、

・肌のターンオーバーの正常化・活性化

・元々肌にある幹細胞に働きかける

・様々な美白効果

・肌自身が水分や油分を保ってくれる

以上を初めとする魅力的なメリットがあります。

特に幹細胞エキスが働きかけてくれるのは表皮幹細胞や真皮幹細胞です。

表皮幹細胞は肌のターンオーバーを行い、真皮幹細胞は肌のハリを生み出すコラーゲンやヒアルロン酸などの成分を生成する繊維芽細胞に働きかけます。

つまり、幹細胞エキスが2つの幹細胞に働きかけることにより、表皮幹細胞の働きが活性化して様々な効果を促進させてくれます。

肌のターンオーバーが促進されると共に肌のキメを整え、バリア機能までも高めてくれるなどメリットが満載です。

ターンオーバーが促進されればシミやくすみなどの肌トラブルを効率良く改善させることが出来る上に、よりキメ細やかな肌を取り戻し、多くの外的要因から肌を守ってくれます。

また、幹細胞エキスが真皮幹細胞に働きかけることにより、繊維芽細胞の働きが活性化してコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの成分が真皮の中で積極的に生成されます。

幹細胞エキスの中には働きを活発化させる成長因子が存在する為、効率良く肌のしわやたるみを改善することが出来るのです。

それ以外にも抗炎症作用によって敏感肌による肌の炎症を抑えてくれるので、敏感肌の改善も期待出来ます。

さらに、幹細胞エキスには新しい血管を生成する働きもあります。

肌トラブルの多くは血行不良が原因であることが多いですが、新しい血管が作られることで血行が改善されるので同時に肌トラブルを解消することも可能です。

ここまでの効果は年齢肌の人でも如何なく効果を発揮してくれる為、実年齢よりかなり下に見られるような若々しい肌を取り戻すことも十分に叶えられます。

もう一つ知っておきたいのが、髪の成長を促進させる化粧品もあることです。

肌に良い物は少なからず髪にも良い影響を与える為、頭皮に使える幹細胞エキスが配合された化粧品を活用すれば、白髪混じりだった髪もつやつやの黒髪にすることも可能です。

幹細胞エキスの種類の一つであるヒト由来幹細胞が配合されている化粧品であれば副作用が起こる心配は一切ありません。

したがって副作用が心配な人は、ヒト由来幹細胞が配合されている化粧品を活用するのがおすすめです。

幹細胞エキスを配合した化粧品には魅力的なメリットが満載なので、一度使ってみる価値があるでしょう。

化粧品に幹細胞が含まれているデメリット

魅力的な効果ばかりが期待出来る幹細胞ですが、化粧品に幹細胞が含まれていてもデメリットがあることに注意しなければなりません。

そのデメリットとして主に挙げられるのが、

・幹細胞の種類によって効果が実感出来ないことがある

・ヒト由来幹細胞が配合されている化粧品は値段が高い

・使い続けないと元に戻ってしまう

以上の3つです。

では、なぜデメリットとなるのかご説明しましょう。

幹細胞の種類は吟味するべき?

まず、幹細胞にはヒト由来幹細胞の他に植物由来幹細胞と動物由来幹細胞の2種類があります。

植物由来幹細胞は植物の幹細胞から培養液を抽出しており、動物由来幹細胞は羊の胎盤などの幹細胞から抽出した培養液を使用しています。

しかし、どちらもヒト由来幹細胞の効果と比べると効果が劣っていると言わざるを得ません。

植物由来幹細胞は安全性こそ高いものの、ヒト由来幹細胞のように細胞が効率良く伝達していかないので肌の幹細胞がそれほど活性化しないことがあります。

人によっては体質によって効果があまり実感出来なかったり、アレルギー反応を起こす可能性もあるでしょう。

また、動物由来幹細胞の場合だと拒絶反応が起こる恐れがあります。

したがって植物由来幹細胞や動物由来幹細胞が含まれる化粧品を使うのであれば、事前にパッチテストを行うなどの対策が必要になるでしょう。

ヒト由来幹細胞には副作用がなく、安全性が高いだけに確かな効果があると分かっていても少し敬遠しがちになってしまいますよね。

しかし、ヒト由来幹細胞にもデメリットがあります。

それは、植物由来幹細胞や動物由来幹細胞が配合されている化粧品よりも値段が高額であることです。

いくらヒト由来幹細胞の効果が高いとはいえ、値段が高い化粧品を長く使い続けるのは厳しいでしょう。

使い続けるのが大変だからといって化粧品を使用する頻度を少なくしてしまうと効果が実感しにくくなってしまいますし、使用を止めると元の老化した肌に戻ってしまうでしょう。

ただ、植物由来幹細胞や動物由来幹細胞が配合されている化粧品であればお手頃な値段で購入することが出来るので、経済的な心配を考慮するならこれらの切り替えるのも得策です。

さいごに

幹細胞が化粧品に含まれていることで得られる効果は、一般的な化粧品では得られないものです。

対症療法ではどうにもならない問題でも、根本的なケアが出来る幹細胞の化粧品であれば、若い時の肌トラブルや年齢肌による肌トラブルにも難なく対応出来るでしょう。

ただし、いくら効果があってもメリットばかりではないので、きちんとデメリットを理解してから使うのがベストですね。

-幹細胞の効果
-, , ,

Copyright© 今売れてる幹細胞コスメのおすすめランキング。化粧品の口コミも紹介 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.